ソープの高級店と格安店の違い

ソープの高級店と格安店の違い

ソープの高級店と格安店の違い ソープランドはプレイ料金によってランク分けがされており、それぞれに違いがあります。それでは、ソープランドの高級店と格安店にはどういった違いがあるのでしょうか。高級店とは総額6万円オーバーとなっており、プレイ時間が長いという特徴があります。100分や120分が当たり前となっており、マットプレイとベッドプレイの両方が行われることが一般的です。稼ぎたいと考えているのであれば高級店が良いのですが、長時間に渡ってサービスを行うことは大変でしょう。しかし、体力に自信のある女性にはおすすめです。

格安店は総額1万円台のソープランドです。こういった格安店はプレイ時間が短く、60分前後が多いでしょう。中には40分程度のプレイ時間も珍しくありません。そして、プレイ時間が短いので、マットとベッドのどちらかをお客さんが選んでプレイをします。どちらもプレイすることは時間的に出来ません。バックはそれほど良くありませんが、数をこなすことで稼ぐことは十分に可能です。

ソープの研修の内容とは?

ソープの研修の内容とは? 風俗では普段行うことのない特殊なプレイを覚える必要があります。ヘルスでは素股が挙げられるでしょう。そして、ソープランドではマットプレイが挙げられます。マットプレイではカエルキックなどのテクニックがあり、それらを覚えなければなりません。

そのため、ソープランドは難しそうなイメージがありますが、そのようなことはありません。どのようなソープランドにもベテラン女性が在籍しており、そういったベテラン女性によって研修が行われます。これまでは男性スタッフが研修を行うことがありましたが、それはセクハラ研修と呼ばれており、今はほとんど行われていませんので安心しましょう。

また、ソープランドによっては専門の講師を招いて研修が行われることがあります。こういった講師はさまざまな風俗を経験した女性で、風俗店に招かれて研修を行っているのです。さらに、マナーも求められますので、お店によってはマナー研修が行われることもあります。